相続手続きの流れ:遺産分割協議

相続が開始して相続放棄も限定承認をしないで3カ月が過ぎると、単純承認したことになり、被相続人が死亡時に有していた一切の権利・義務を相続することになり、相続人が複数であれば、相続分に応じて共同相続することになります。
遺産の共有状態を解消して、個々の財産を各相続人に分配し取得させる手続きを遺産分割といい、遺産分割の方法には、現物分割・換価分割・債務負担による分割などがあります。
遺産分割に期限はなく、被相続人が遺言で分割を禁止していないかぎり、いつでも自由に分割を請求することができます。
しかし、あまり時間が経つと遺産が紛失ウェディング09したり、相続について入れ知恵する人が出てきて複雑になるので、なるべく早い時期に分割協議を行うことがよろしいです。
遺言に遺産の分割方法の指定がされていない場合は、相続人全員の話合いで分け方をきめなければなりません。
遺産分割は、まずは相続者が協議で分割し、それがうまくいかないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができますが、遺産分割協議は、共同相続人全員の同意が必要であります。
どうしても反対する人がいる場合は、各共同相続人が、その分割を家庭裁判所に請求するしか術はありません。

コメントは受け付けていません。