亡くなる前に銀行預金から引き出したら相続財産になるのか

亡くなる前に銀行預金から引き出したら、現金として相続財産になります。ですから、相続財産にならないということはないのです。亡くなる前に預金から引き出した場合は、銀行での相続手続は不要になることが多いです。しかし、財産分与の際には揉め事の要因になる場合があるのです。また、タンス預金にしておくと、財産隠しの対象になります。
亡くなった人のことを被相続人といいますが、被相続人が亡くなる前に葬儀などのお金のために、家族が銀行から預金を引き出すというケースが多いようです。そのとめに、税務調査では、職員が預金通帳をチェックして、大きい金額のお金が引き出されウェディング07ていないかを確認するのです。相続税の申告の際には、必ず貯金から引き出したお金も申告することになります。税務署の担当者としっかり相談することが必要となってきます。死亡前に受け取った現金などは、贈与とみなされるのです。しかし、引き出したお金が被相続人のために使われたと証明できた場合には、贈与にはあたらなくなります。祝い金などは、贈与の対象になります。問題は、贈与の財産というのは3年前まで遡って含まれるということです。しっかりと用途を確認して、正確な金額を申告する必要があります。

コメントは受け付けていません。